私たちは小ロットで企画・開発・製造した「デリシャス缶詰」を さまざまな販路、さまざまな企画で販売してきました。

これら多くの「デリシャス缶詰」を開発し、
オリジナル販路を開拓し、「デリシャス缶詰」を
多くの生活者にお届けしてきました。

様々な悩みをお持ちの生産者、飲食店経営者、
食品メーカーにフィットしたサービス、
それが「CANNATUREL LAB.
(カンナチュールラボ)」です。

おいしい素材は持っている。
おいしい料理は提供できる。

現在の販路や販売方法を
継続しても、
将来的に伸びしろを
感じていない・・・。
素材の確保量が少ないため、
小ロットで製造できる
レトルト加工食品会社が
見つからない
商品開発やマーケティング、
販路拡大などをしていく
ノウハウが社内にないので
何から手をつけていいのか
わからない。

200商品以上の缶詰の企画・開発・製造のノウハウと、
創業以来のマーケティング支援事業のノウハウを融合させ、
生産者様と飲食店様の課題を解決いたします。

カンナチュールラボの3大ソリューション

小ロット製造

課題:素材の量が少ない

カンナチュールLABなら…

200缶からの小ロットで素材が少量でも製品化が可能。小ロットならではの手詰め作業のため、素材の形状が複雑であっても、素材の種類が多くても、製品化が容易になります。

共創開発

課題:新しい製品をつくるノウハウがない

共創開発によるオリジナル製品化

これまで200以上のデリシャス缶詰を共創開発により世に送り出してきました。さらに、デリシャス缶詰から派生した商品開発や、販売チャネルに応じた商品開発など、多くの実績を有しています。
商品化に際し、お持ちの素材を弊社が仕入れ、製品化します。その製品を売価の60%で卸す方式を取っています。

CANNATUREL ブランド活用

課題:販路が拡大させられない

広がり続けるCANNATURELの販路での販売

「CANNATUREL」ブランドとしてオリジナル製品を開発し、自身がお持ちの既存販路に加えて、 CANNATURELのECサイトをはじめ、百貨店や商業施設など広がり続ける販路を活用します。

課題解決事例

CASE 1うつみ農園シリーズ

当初の課題
栽培の過程で発生する規格外品など流通が難しい収穫物を廃棄せざるをえない

カンナチュールラボで解決!

見た目が悪いなどの理由で流通させることができない作物については、ビーガン、アレルゲンフリーなどの高付加価値商品として野菜カレーやハヤシソース、ペーストなどのデリシャス缶詰として4商品を商品化しました。余剰作物の廃棄量を軽減し、うつみ農園ブランドとして青果以外の保存性の高い商品として商品ラインナップを拡充することができました。
さらに、カンナチュールキッチンでは缶詰の使用によるデリカテッセンメニューも提供し、商品の訴求方法もともに実践しています。

CASE 2鮮冷シリーズ ホヤのアクアパッツァ

当初の課題
地域名産のホヤは従来韓国に多く輸出されていたが、東日本大震災による放射能汚染の風評被害により韓国への輸出が無くなり、ホヤの余剰が発生しました。

カンナチュールラボで解決!

鮮冷が保有する特殊冷凍技術(CAS※)を活用して、水揚げ直後の水産物を新鮮なまま小ロットで缶詰化しました。ホヤは高級珍味として大量生産化はしにくいものですが、小ロット生産が可能なデリシャス缶詰だからこそ製品化のチャレンジができました。在京百貨店でのポップアップショップでも出品し、ホヤに目がないお客様や、東北出身のお客様の好評を博しており、人気商品に成長しています。

※Cell Alive System:細胞を破壊せずに冷凍する技術

CASE 3archpelago五島シリーズ

当初の課題
五島列島は海の幸の宝庫。その海の幸を日本全国にブランド化していきたい。島内の漁業は盛んであるが、五島の産品はブランド化されず、一般的な素材として流通していた。

カンナチュールラボで解決!

五島列島の代表的な海の幸といえばキビナゴです。品質は有名な鹿児島産に遜色ありません。
カンナチュールはこのキビナゴとヒオウギ貝に島内で加工されるあご天を加えた「五島列島の豊かな海がはぐくむ海の幸」をデリシャス缶詰化し、 3点でシリーズ化することで「五島列島産の海の幸」をブランド化の第1歩としました。
五島列島の海の幸と、そこで働く人々をデザインしたパッケージにし、「五島」を冠したシリーズ名にすることで、カンナチュールが持つ東京の百貨店などの店頭でデリシャス缶詰を目にする多くの生活者にも「五島の海の幸」の豊かさをアピールすることができました。

お問い合わせはこちらから

商品開発やマーケティングに関して、経験豊富なスタッフがご対応いたします。

受付時間 10:00-17:00(土日祝を除く)

カンナチュールのデリシャス缶詰とは?

カンナチュールの「デリシャス缶詰」とは、厳選した素材を使用して、複数工程の調理を前提にしたレシピを考案し、手間ひまかけて「密閉加熱調理」した缶詰の総称を言います。
工業的に大量生産された既存の缶詰とは違い、複数工程の手詰め調理作業が発生する為、驚きの美味しさを生み出すことができる反面、作業工程に時間と手間がかかり、大量生産ができません。
缶詰ならではの「密閉加熱調理」だからこそ引き出すことができる素材の味や味付けを消費者に楽しんでもらえる「料理」としての完成度の高い食材と言えます。

商品開発費用と流れ

缶詰は加工(密閉加熱調理)後、素材の味がなじむまで約3週間~1か月必要としています。
そのため、試作品製造後の試食は3週間~1か月後をめどに行います。
トライアル開始から、製品化まではスムーズに進行して5か月~6か月かかります。

トライアルサービス

11万円(税込)

商品企画から30缶程度のトライアル品を製造するプランです。
貴社が持つ素材を使って缶詰を製造、試食していただだき商品化にむけて現実的なのかどうかを検討していただくことが可能です。

トライアル & 共創開発

66万円(税込)

トライアルサービスの実施後、商品化決定審査会を行います。
商品の卸価格や利益率、納入サイクルなどを検討し、再度本格的なレシピ開発を行います。このプランでは3回まで試作と試食を行うことが可能です。

トータル支援

お見積り

商品化に際して発生する様々な処理やマーケティング視点からの支援など、トータルでサポートします。
自治体の補助金申請の支援といった事務的サポートをはじめ、貴社販路での販売時のHP制作やLP制作、広告作成や広告運用支援などマーケティング面でもサポートします。

デリシャス缶詰の共創開発は補助金の対象になります

小規模事業者持続化補助金 小規模事業者が行う販路開拓や生産性向上の取組に要する経費の一部を支援する補助金です。
補助金額:100万円(補助率:3/4)
ものづくり補助金 中小企業等による生産性向上に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資を支援する補助金です。
補助金額:100万円~1,000万円(補助率:中小1/2、小規模2/3)
事業再構築補助金 新型コロナウイルスの感染拡大に伴って事業モデルの転換や感染防止に取り組む中小企業に対しての補助金です。
補助金額:100万~1億円(補助率:2/3)

上記補助金の申請代行も請け負っておりますので、
詳しくはお問い合わせください。

商品開発後のマーケティング戦略も得意です

小売販売

カンナチュールオンライン

ギフト販売

百貨店・ギフトショップ

卸売

自動販売機・飲食店等

カンナチュールキッチン

惣菜・デリカテッセン

全国に拡がり続ける独自販路

伊勢丹 新宿店

松坂屋 名古屋店

JR新橋駅
カンナチュールキッチン

梅田 蔦屋書店

伊丹空港 南ターミナル
「いっぴんさん」

あべのハルカス 近鉄本店

阪神梅田本店

大丸梅田店

お問い合わせはこちらから

商品開発やマーケティングに関して、経験豊富なスタッフがご対応いたします。

受付時間 10:00-17:00(土日祝を除く)

缶詰に向く食材と向かない食材

よくある質問

なぜ60万円の費用で開発できるのですか?
弊社では通常、缶詰開発サービスを提供すると、費用が200万円程度かかります。しかし我々は、生産者の方の缶詰作りのハードルを下げたいとの考えで、開発費を弊社が投資として負担しております。お支払いいただく費用は、トライアルでは11万円(税込)のお支払いと試作に必要な原材料を提供いただきます。トライアルを経て商品化に向け開発を進める場合、55万円(税込)のお支払いと試作に必要となる原材料の提供をいただいています。
希望のレシピを試作してもらうことは可能ですか?
可能です。ご希望のレシピを試作いたしますが、必ずしも商品レシピに採用されるわけではございません。
カンナチュールブランドのデリシャス缶詰としてよりお客様から指示されるよう、当社からご提案するレシピや、試作を進めていく中で新たに思いついた試作などと食べ比べた判断で商品レシピは確定しますので、あらかじめご了承ください。
商品化したレシピを他の案件で使うことはありますか?
使う可能性があります。「競争」より「共創」という理念があり、独占するのではなく共有して日本全体としていいものを作りたいと思っています。共創開発にかかる費用は当社が投資をしていることもあり、缶詰にする加工レシピは弊社が保有させていただいております。ご提案するレシピが他の案件で生み出されたレシピである場合もありますし、ご一緒する案件で生み出したレシピを他の案件でも活用させていただく前提となります。 ※ご提供いただく食材の加工レシピは、当然ご提供いただく方のものですので当社が無許可で使用することはありません。
対応している缶の容器は?
当社では東洋製罐の以下の2種類の容器に対応しています。
・平3号缶(直径78mm 高さ32mm 程度)、内容量:85〜100g程度
・6号缶(直径78mm 高さ58mm程度)、内容量:170〜200g程度
現状はこれ以外の容器には対応しておりません。提携工場に依頼する場合はその工場で扱える容器から選ぶことになります。
オリジナルの形の容器は作れますか?
当社では対応しておりません。
缶容器は金属加工の工業製品となりますので、新しい形の容器を作るには何億もかかってしまい、相当なロット(大手メーカーさんが全国展開するレベル)でないと、オリジナルの方の容器を作ることはできません。
缶詰以外の加工も依頼可能ですか?
レトルトパウチ開発・瓶詰製品開発なども対応可能です。
缶詰に特化してサービスをご提供しておりますが、商品企画においてパウチなどの開発を検討する場合もございます。今後はレトカップというカップ式の容器は対応できるよう検討も進めております。
原料を持ち込んでの製造は可能ですか?
可能です。
主な原料をご提供いただく前提のサービスです。ただし、缶詰工場は製造効率や衛生的な観点から以下のような制約がありますのでご注意ください。
・泥付きのままでの納品はNG。きれいに泥を落とした状態で納品してください。
・魚をさばかないといけないような状態での納品はNG。フィレなどカットするだけで使える状態で納品してください。
・貝の殻付きでの納品はNG。むき身で納品してください。
これ以外にも、原材料の下処理で時間がかかるような状態での納品は、製造効率が低下し、1日の製造数が下がりますので対応できないことが多いです。
商品化が決定した後の製造ロットはどれくらいですか?
小ロット対応の提携工場の場合は1日200〜300個程度の製造が中心になります。
1日1500〜2000個程度の製造ができる提携工場での対応も可能ですが、シンプルなレシピ工程でないといけませんのでレシピの幅が狭くなります。
商品化した後に別の工場で製造することはできますか?
できません。
共創開発で商品化したものは当社の提携工場でのみ製造するご契約となっております。ご依頼を予定されている工場をご紹介いただき、当社経由でそちらに製造を依頼することは可能です。
商品化したものを仕入れて販売することはできますか?
カンナチュールブランドの商品として弊社が製造し、貴社に卸す形をとっていますので、仕入れ販売が前提です。
共創開発はお互いの販路で販売をしていくことを前提にしております。製造時に原材料を弊社が仕入れることになりますので、出来上がった商品を生産者様が販売する場合、弊社から仕入れて頂くことになります。
販路をお持ちでない場合は、まずはカンナチュールの既存販路で販売を開始いたしますが、自社販売、販路開拓もチャレンジしていただいています。
パッケージに希望のロゴは入れられますか?オリジナルパッケージは可能ですか?
可能です。
パッケージは基本的に、当社がをデザインします。その際にロゴや原材料の特徴や紹介文などの原稿をいただき、適宜反映するようにしています。また、オリジナルパッケージの制作も可能ですが、その場合は別途費用がかかります。
商品の賞味期限はどうなりますか?
製造時から最長3年となります。
缶詰は、缶の状態がよ良く、破損しなければ10・20年と経過しても食べることができます。しかし、一般的な製罐メーカーは容器の使用期限を3年に設定しており、当社が使用している容器も同じく使用期限は3年となりますので、賞味期限はその期間に合わすことになります。
しかし賞味期限は「美味しさを維持できる期限」になりますので、味や食感や見た目などの官能試験(人の五感を使った評価)によって、賞味期限は1年や2年になることもありえます。
例えばカレーなどは3年経過してもほとんど味も変わらず美味しいということが、様々な商品で実証されているので最初から賞味期限を3年にすることが多いです。しかし、当社はこれまでない新たなレシピなどにチャレンジすることも多いので、他の商品で類似品がなければ賞味期限を1年にして、時間経過を見ながら徐々に2年、3年と伸ばしていくようにしています。

お問い合わせはこちらから

商品開発やマーケティングに関して、経験豊富なスタッフがご対応いたします。

受付時間 10:00-17:00(土日祝を除く)

選択してください
お名前
フリガナ
メールアドレス
お電話番号
企業・店舗URL
課題のある素材
お問合せ内容
エイチアンドダブリュー株式会社(以下「当社」といいます)は、(以下、「当社」といいます。)は,本ウェブサイト(以下、「当サイト」といいます。)上で提供するサービス(以下、「本サービス」といいます。)における、ユーザーの個人情報の取扱いについて、以下のとおりプライバシーポリシー(以下、「本ポリシー」といいます。)を定めます。

1.個人情報の定義
「個人情報」とは、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの、及び他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものをいいます。

2.個人情報の収集
当サイトではお問合せをされた際にお客様の個人情報を収集することがございます。
収集するにあたっては利用目的を明記の上、適法かつ公正な手段によります。

当サイトで収集する個人情報は以下の通りです。

a)お名前、フリガナ
b)メールアドレス
c)お電話番号

3.個人情報の利用
当ショップではお客様からお預かりした個人情報の利用目的は以下の通りです。

a)お問合せの返信時および以後の情報交換時
b)法令で許容されている範囲および手段で、お客様に対する情報発信、ダイレクトメール、メールマガジン等の広告を送付または表示等するため

当社では、下記の場合を除いてはお客様の断りなく第三者に個人情報を開示・提供することはいたしません。

a)法令に基づく場合、及び国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合
b)人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である場合
c)当ショップを運営する会社の関連会社で個人データを交換する場合

4.個人情報の安全管理
お客様よりお預かりした個人情報の安全管理はサービス提供会社によって合理的、組織的、物理的、人的、技術的施策を講じるとともに、当社では関連法令に準じた適切な取扱いを行うことで個人データへの不正な侵入、個人情報の紛失、改ざん、漏えい等の危険防止に努めます。

5.個人情報の訂正、削除
お客様からお預かりした個人情報の訂正・削除は当サイトページ上部の問合せ先よりお知らせ下さい。

6.cookie(クッキー)の使用について
当社は、お客様によりよいサービスを提供するため、cookie (クッキー)を使用することがありますが、これにより個人を特定できる情報の収集を行えるものではなく、お客様のプライバシーを侵害することはございません。
また、cookie (クッキー)の受け入れを希望されない場合は、ブラウザの設定で変更することができます。
※cookie (クッキー)とは、サーバーコンピュータからお客様のブラウザに送信され、お客様が使用しているコンピュータのハードディスクに蓄積される情報です。

7.SSLの使用について
個人情報の入力時には、セキュリティ確保のため、これらの情報が傍受、妨害または改ざんされることを防ぐ目的でSSL(Secure Sockets Layer)技術を使用しております。
※ SSLは情報を暗号化することで、盗聴防止やデータの改ざん防止送受信する機能のことです。SSLを利用する事でより安全に情報を送信する事が可能となります。

8.お問合せ先
特定商取引法に基づく表記をご覧ください。

9.プライバシーポリシーの変更
当ショップでは、収集する個人情報の変更、利用目的の変更、またはその他プライバシーポリシーの変更を行う際は、当ページへの変更をもって公表とさせていただきます。