デリシャス缶詰とは?

日本各地の生産者・飲食店・シェフ・料理研究家の方々と考えた
「メイド・イン・ジャパンのおいしさと物語」を缶詰容器に閉じ込めて、世界中の人々へお届けできたら・・・。

CANNATUREL(カンナチュール)が提唱するデリシャス缶詰とは、「厳選した素材を使用して、複数工程の調理を前提にしたレシピを考案し、密閉加熱調理したお料理缶詰」の総称を呼び、工業的に大量生産された既存の保存食としての缶詰とは違い、シェフや料理研究家の方々と複数工程の調理を前提にしたレシピを考案することで、驚きの美味しさを生み出すことができる反面、作業工程に時間と手間がかかり、大量生産ができません。

「いつでも、どこでも、カンタンに。」

デリシャス缶詰があれば、いつでも、どこでも、「日本各地のおいしさと物語」を楽しむことができます。
缶を開けて、そのまま召し上がっていただくのはもちろんですが、おうちごはんの一品にしてみたり、ひと手間加えた「アペリティフ(前菜)」にアレンジして、お酒を楽しむこともできます。

缶詰・びん詰・レトルト食品は、保存料などの添加物を使っていると思われがちですが、
デリシャス缶詰には、保存料などの添加物は一切使用しておりませんので、安心・安全で衛生的な食品として、美味しくお召し上がり頂けます。

デリシャス缶詰は「密閉加熱調理(120℃の高温度の加圧加熱殺菌)」という特性上、葉物などのお野菜を詰め込むことができません。

お野菜であれば、トマト、玉ねぎ、ナス、そして、色鮮やかなパプリカなどに限られるのです。しかし、デリシャス缶詰の多くは、お野菜をもっと美味しく、もっと楽しく食べてもらえるように、ソースやオイルにもこだわりながら、素材の美味しさを最大限に引き出すレシピとなっています。ソースとして使ってみたり、和えたり、混ぜたりと、あなたの想像力次第で、お野菜を手軽に美味しく摂ることができます。

※加圧加熱殺菌(レトルト殺菌)」とは?
缶詰・びん詰・パウチなどの容器に「密封」してから「120℃の高温度加熱殺菌」を施すことで、食品を腐敗させたり、食中毒のもととなる微生物を殺菌するプロセスです。

その中でも缶詰は、120℃の高温で全ての微生物を殺菌するだけでなく、空気を抜きながら蓋をすることで酸化による影響を少なくし、金属容器により光を一切通さないという「究極の保存性」を持っています。