鹿ノ瀬の恵み

鹿ノ瀬の恵み 明石蛸の旨煮

akashi_tako
akashi_tako
akashi_tako
akashi_tako
akashi_tako
akashi_tako

明石といえば「蛸」?明石の蛸はなぜ旨い?

瀬戸内・明石海峡の強い潮流に揉まれることで身が引き締まり、それゆえ明石の蛸には抜群の歯ごたえがあり、さらにその潮流が海底の栄養豊富な砂地を巻き上げ、山が近い明石から流入する河川から大地の栄養も取り込み、そのためエサも豊富に。
だからこそ明石の海産物は総じて美味しい、と言われています。だからこそ、明石の蛸は美味しいのです。

蛸に加えて珍しい蛸の子も一緒に昆布オイル煮で。

身がしまり、味の濃い明石の蛸に珍しいタコの子も加えてカンナチュールの看板レシピ「昆布オイル煮」で仕上げました。
しっかりと締まった食感の蛸の身は噛むほどに昆布のダシの力で引き出された旨味が、蛸の子は独特の食感と旨味が楽しめます。
もちろんおすすめはデリシャス缶詰を湯煎で温めて。
弾力がありながらも柔らかい蛸の食感を存分に楽しめ、温かいことで旨味はより直感的に。
蛸の子の風味もより強く味わえます。
今宵はキンと冷やした冷酒で、いかがですか?

明石の潮流が作り出す最高の漁場「鹿ノ瀬」。

日本最初の和歌集、万葉集でも明石海峡には触れられています。
「粟島に漕ぎ渡らむと思へども明石の門波いまだ騒けり」
粟島というのが淡路島なのか分かりませんが、「明石の門」とは明石海峡のこと。
その明石海峡がまだ荒れていて、船も出せない、という歌のようですが、万葉の時代から明石は潮流が強く複雑で波も高く、難所だったのでしょう。
強い潮流は海底の砂と一緒に栄養を巻き上げ、さらに山が近い明石からの河川の流入が大地の栄養を運びます。この地で育つ海産物が美味しくないわけがありません。良い漁場として現地の漁師さんたちにはよく知られる場所なのです。
その潮流が明石海峡の海底をかき回すことで、砂地の海底は巻きあげられ、浅瀬を生み、起伏に富んだ地形になったと言われています。
鹿が本州から淡路島に泳いで渡る際に途中の浅瀬で休憩した、とか、歩いて渡った、という伝承があるそうで、そのため「鹿ノ瀬」と言われるとか(諸説あります)。
そんな伝承に思いを馳せながら、デリシャス缶詰が誇る「末広がりの体現者」、明石の蛸をご堪能ください。
鹿ノ瀬の恵みシリーズには「鹿ノ瀬の恵み 明石鯛の蒸し煮」もございます。ぜひセットでお試しください。

原材料 ゆでダコ「(真ダコ(兵庫県明石産)、食塩)(兵庫県製造)」、ゆでタコの卵、食用ごま油、昆布/ミョウバン、酸化防止剤(エリソルビン酸Na、亜硫酸塩)、pH調整剤、(一部にごまを含む)
内容量 90g

 

在庫状態 : 在庫有り

販売価格  ¥1,944

数量  

この商品を買った人はこんな商品も買っています